ゆうがく私塾とは

ゆうがく私塾の特徴

2つの柱  インターネット学習・スクーリング

ゆうがく私塾では、インターネット相互学習と通塾の2つの方法を採択してます。

インターネットを使った学習

インターネット学習の特徴、いつでも、どこでも学習ができる。通塾前後に必要な時間の短縮、学校行事や部活動による日程調整も簡単になり、より多くの学習時間を確保することが可能になります。学習時間の確保ができなければ学習能力は伸びていきません。また様々な事情により学校に通えない児童・生徒にふさわしい学齢の学習する機会を提供します。

オンライン学習(自宅自習)・オンライン授業(グループ・個別オンライン)を開講しております。

通塾でのスクーリング

通塾でのスクーリングは、インターネットでは見えない部分を探り、個々の学習能力を高めていきます。また児童・生徒が同じ教室に通うことでの仲間意識により、一人での学習よりも効率的に学習能力が向上していきます。通塾でのスクーリングは、学習する本人に明確な目標がないと学力は向上してきません。そのために通塾には、面談と試験を受けてからの入塾の決定となります。

2つの柱を交えたインターネットでの授業を開催

多くの児童・生徒は、明確な目標・目的を持つことなく学習しております。目標・目的を見つけるためには、まず基礎学力をつけ考える力を身につけることが必須となります。基礎学力をつけるためにオンライン学習(自宅学習)とグループオンライン授業を併用を推奨します。

ITC時代の新たな家庭学習法を提案します

インターネット相互学習システム『オンライン』とは、タブレット(パソコン)があれば、学校や塾と同様の授業や進路指導を受けることができる新しい学習方法です。

『オンライン』の特徴は 
  1. ①個別オンライン授業
  2. ②グループオンライン授業
  3. ③オンライン学習*
  4. ④オンラインテスト*
  5. ⑤AIを使っての学習計画*

の5つがあります。

教室での質の高い授業

 質の高い授業を目指して

生徒を一人の人間として尊重します。細かい決まりごとや禁止事項で生徒を締め付けることはしません。学習到達度別のクラス編成をしています。個々の能力を最大限に引き出します。だからこそ、より良い学習のためにも、教室での入塾にあたっては厳正なカウンセリングを行います。

教室での授業とインターネット相互学習システム『オンライン』

教室での授業とインターネット相互学習システム『オンライン』の併用

質の高い授業とインターネット相互学習システム『オンライン』を併用することでより高い相乗効果が得られます。

コンピュータを使ったドリル学習というと、生徒が端末機を操作する自己完結方式がありますが、それは目新しくても限界があります。自主的に取り組もうと思ってもなかなかできない家庭での自己学習。積極的にやり遂げるには、強いモチベーション(動機)が要因となります。残念ながら自宅の勉強部屋で積極的にモチベーションを作ろうとしても限界があるようです。通塾生は、勉強している間、仲間同士の会話などはありませんが、互いに刺激しあい影響されあって勉強する雰囲気ができあがり、勉学意欲が加速される効果があります。

 

お気軽にお問い合わせください。054-269-4643受付時間 12:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ